歯にかかわるお悩み

 
 
 

このようなお悩みを抱えていませんか?

アゴが痛い!

 口が開かない!

 音がする!

このような症状はありませんか?

 口を大きく開けられない

 口を開けると顎が痛い

 口を開けると「ガクッ」と音がする。

 アゴが痛くて硬いものが噛めない

 頑固な慢性頭痛、肩こりで悩んでいる

 食いしばりが強く顔の筋肉がこる

 アゴが歪んで左右の顔のバランスが悪い

 歯医者へ通ったが顎関節症が治らない

顎関節症になる原因とは

そもそも顎関節症とは、

☑ 口を開けたり、閉じたりする筋肉に痛みがある

☑ 口を開けた際に雑音がある

☑ 口を動かした時に動きの異常がある

の主要症状のうち少なくとも1つある場合のことを言います。

顎関節症の原因として大きなものとして

☑ 歯を食いしばっている

☑ 食べ物を片側だけで噛んでいる

等はよく聞くと思いますがそれ以外にも

☑ 骨格の歪み

☑ ストレス

等も実は原因としてあります。
特に骨格の歪みは知らなかった人が多いと思います。
骨格が歪むと体はバランスを取ろうとして顔を傾けます。
その時に顎にも歪みが出ます。
この状態で普段の生活をしていると顎の関節に偏った負荷がかかり顎関節症になってしまいます。

一般的な治療法は、歯科にてマウスピース等をして噛み合わせを治すものが一般的です。
また、かぶせ物をして噛み合わせを治していきます。
歯そのものが悪い場合はこれで解決するかもしれません。
しかし、当院には解決できない患者さんがよく来院されます。

骨格の歪みから頭蓋骨を傾げて顎のバランスが崩れているのをマウスピースで調整したり、
歯を削って調整すると骨格の歪みはどうなるでしょう。体のバランスはとれるのでしょうか。
結果、
頭痛が起こったり
肩凝りが起こったり
倦怠感が抜けない
などの症状を患者さんから聞きます。

当院における顎関節症の治療方法

米田整骨院だから根本的な改善ができる理由
施術の特徴は、

問診と検査を大切にしています。
患者さんの痛みの状態に合わせて治療法を選択し、
痛みの改善具合を確認しながら治療を進めていきます。

検査をしっかり行わないと治療の全体像は見えて来ません。
ただ、検査で状況は把握できますが、
きっかけは何だったのか
痛みの感覚はどの様に感じているのか
何故その様な状態になったのか
その様な歪みのパターンは何故起こるのか

以上の事は患者さん自身から聞き取らないと治療者は理解できません。
理解しないまま治療を進めて仮に症状が改善しても、
患者さん自身が痛みの原因や行動パターンを理解してなければ同じ事を繰り返しまた痛みを作ってしまう事になってしまいます。
当院では患者さん自身が立ち直っていくきっかけを作り、患者さん自身でバランスが取れて繰り返し起こる痛みをコントロールできるところまでサポートします。